師走のこよみ

平成30年・・・戊戌(つちのえいぬ)

12月・・・甲子(きのえね)

 

節入り・・・12/7 大雪(たいせつ)

ここを境に寒さが厳しくなっていく

 

しかし、暑かったですね~

しかも先月の世情の激動さがすごかった(驚)

 

私といえばマントラ行(ぎょう)の失敗で鼻かぜになりダウン↓

仕切り直しです♪

 

 

 

先日のソフトバンクの通信障害って水星逆行!?の影響でしょうかね?

 

さて、いや~な災難気配だった先月がいったん休憩の気配です

 

とはいえ12月ですからね~

 

みなさんバタバタとするでしょうね

 

今月は少々歯止めの気配があるので小休止ですね

 

とはいえ濁壬気配は残っておりますので慎重にいきたいものです

 

毎月朔日(1日)に氏神さまへお参りいきますが

年末ということもあり

 

人形の紙に家族の名前を記入して、年越しのお祓いをお願いしてきました

 

みなさまも是非、一年の罪と穢れを祓いにご贔屓されてる神社がありましたら

そちらへいかれることをお勧めします♪

 

年内にお参りに行くだけでもお祓いになります

そしてよい年越しを迎えて初詣にいかれると

清き姿で初詣に行くことになります

(なんかいい感じでしょ?)

 

よいひと月をお過ごしください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***ここからは長文です(読みたい人だけどうぞ)

 

 

 

 

追記

 

五行の土は仏事にも通じます

お墓事にも通じます

 

また、魂の世界も表現されます

 

今年と来年は戊(つちのえ)・己(つちのと)です

土の連続です

 

 

ですので、私はこの2年間は仏さまや神さまや霊魂といったことにかんして

勉強を深めています

 

もちろんそれに準ずる行(ぎょう)も日々させていただいてます

 

たまたまそれを教授いただける先生にも出会い♪感謝です

 

来年の己(つちのと)は今年よりも強力ですので

 

もっと勉強が深まるのではと期待しております

 

それで、1年で少し思うところを以下に記します

 

 

私は見えない世界がほとんど現象をおこしているように思います

そして見えてる世界はほんの少しでそれすらも本当かどうか?と感じています

 

以前は逆でした

見えてる世界がほとんど現象をおこしていると思っていましたし

それがすべてだと思っておりました

 

もちろん人間が行動しないと事は起こりません

が、その行動すらも人間の潜在意識がおこしてるのですから・・・

 

潜在意識を気付かずに相談にこられるかたは多いです

それを目の当たりにして立腹されるかたもいらっしゃいます

 

でも、自分の心を観ないと今の目の前の問題は解決しません

 

問題の対象物ばかりに文句をいっていては解決しません

 

相手を無理に変えようとすると歪みが起きます

 

それよりも自分の想念を変える方がはやいのです

 

 

目の前の問題は自分の心に気付かずに

 

問題の不満ばかりを並べていてはあなたの想念が執着になり

 

問題の接着剤の役目をはたしてしまっています

 

(気を付けないとあまり不満想念が深くなると邪気の餌になります・・・)

 

 

できたらその不満を手放した先に執着がとけて

 

想念が軽やかになり問題が変化しやすくなります

 

気付いたら問題が問題ではなくなってきます

 

 

観方をかえると自分が望んで問題を目の前にしているといっても過言ではないのです

 

それをいうと皆さん激怒されます(笑)

 

 

悩むということは字のごとく心が凶作用してるのです

ですから心が吉作用へ動けば悩みはなくなるのです

 

心を吉作用へ動かすためにいろいろな作業がいるのでしょう

瞑想や引き寄せの法則やその他いろいろ・・・

 

でも、私は日々の感謝で十分だと思います

 

感謝の気持ちを忘れずにいてると心がリセットされます

 

 

日々は当たり前ではないのですから・・・