つづけること

占術の勉強を始めてから14年がくる・・・

(まぁ、ボチボチですけど)

 

10年以上占術に触れているとさすがに感が変化する。

(気のせいかもしれませんが・・・)

 

数年前に水野南北先生の本に出合ってから占術を使うにあたって生きる姿勢を変えた。

 

私はある食事を断っている。

あくまでも術のためです(笑)

 

先日、占星術ではみずがめ座の新月!

しかも、暦では旧正月で新たな年を迎えた!

 

術友のおかげで進化した自分への扉が開きました。

このタイミングは暦の気配に影響されることができた証拠かも・・・

 

術の精度を高めるためにできることをひとつひとつ積み上げてきたつもり。

つづけることで一つ目の扉が開いた気がする。

先はまだたくさんあるのでゆっくりといきたいと思います。

 

でもね、進んでいく許可を与えたのは自分!

 

不安で泣いた時期もありました。

開けるための勇気は自分への信頼と自信です。

                                                  

無防備に開けることはよくないとは思いますけど・・・ 

手前でずっと悩むのもよくないと思います。

 

準備して努力し続けていれば暦の気配が後押ししてくれます。

みなさまもタイミングを逃さないで扉を開けてみます?