宿命と立命

占いを学んでると宿命立命という言葉がでてきます。

 

2014年に亡くなられた春山満さんが残されてる言葉が

実に宿命立命を的確に表現されています。

 

以下です

 

宿命を嘆くな 自らの命を立てよ

 

人生にはどうしようもない定めがあり

それは「宿命」と呼ばれる

私にとって進行性筋ジストロフィーの発症はまさにその宿命そのものだった

 

しかし、宿命の裏には立命というものがある

 

「こうしたい、ここへたどり着きたい」

そう自らを勉励することによって宿命は立命に変えることができるのである

 

自らの命を知って 自らの命を立てる

人生はじつに面白いと思う

 

宿命を嘆くのではなく限りある命を知り

自らの力で人生を切り開いていく

そういう志や気力のもとに

大きな道が開けてくるものなのだ

 

以上です

 

ずいぶん前に出会ってた言葉だったのですが、データの整理をしてでてきました。

この言葉に勉強中すごく腑に落ちたのを覚えています。

 

以前は自分の宿命に嘆いていたんですよね・・・

立命という意味も分かっていたのですが嘆くほうが多かったかな?

 

言葉の意味が腑に落ちる瞬間ってスッキリするんですよね。